フジドリームエアラインズ

珍しい自然現象を楽しむことができる国内旅行先には、五色沼や諏訪湖の御神渡りがあるが、後者は毎年観察できるわけではない。

    

国内旅行をされる方は、食べ物や観光スポットなど様々な目的に応じて行き先を決められていると思います。ところで、日本は自然がとても豊かな国であり、一度は見ておきたい観光スポットがたくさんあります。

そんな中で、日本の自然が生み出した珍しい自然現象というものも、そうした観光スポットとして挙げることができるのではないでしょうか。

そこで、今回は私がオススメする、珍しい自然現象を楽しむことができる国内旅行先を2か所紹介するので参考にして下さい。

旅行先で自撮りをする女性

五色沼

五色沼(ごしきぬま)は、福島県北塩原村に点在するいくつかの湖沼群のことで、正式には五色沼湖沼群と呼ばれます。なぜ五色沼と呼ばれているのかというと、想像がつく方もいらっしゃるとは思いますが、これらの沼は基本的には青色なのですが、その中で赤色を帯びたり緑色を帯びたりしているのです。

五色沼がこのような特徴を持つのは、五色沼湖沼群ができたきっかけである磐梯山の噴火に伴い噴出された物質や、沼に生育する藻などによる複雑な影響で光の反射具合が変化するからです。

特に、赤っぽく見える赤沼や見る場所次第で色が違って見える瑠璃沼などが有名で、そのほかの沼にもいろいろと特徴や見どころがあり、楽しみがたくさんあるのです。

五色沼へ観光に行くのは、夏場がオススメです。というのもこのあたりは標高が800m程度あり、自然に囲まれていることもあって夏でも涼しいからです。

よって、夏の暑さをしのぎながら、美しい沼と雄大な自然を満喫することができる夏場に五色沼を訪れてみてはいかがでしょうか。

諏訪湖の御神渡り

御神渡りとは、湖が全面凍結した際に、湖面の氷が山脈のように連なって盛り上がるという珍しい自然現象です。諏訪湖では、この御神渡りが時々観察され、毎年冬になると御神渡りが現れるかどうかとても注目されます。

御神渡りが出現するには、最低気温がマイナス10℃ぐらいの日が続かなくてはならず、必ずしも毎年出現するわけではないのですが、出現すればそのことが報道されるので、御神渡りが現れたら見に行ってみてはいかがでしょうか。

貴重な現象なので、きっと楽しめるでしょう。ただ、諏訪湖周辺はとても寒いので、防寒対策は万全にして下さい。このように、五色沼や御神渡りは、日本で観察できる珍しい自然現象です。

是非国内旅行の際に行ってみてください。